FC2ブログ

くすり屋さん 安さの秘密

今日はくすり屋さんの安さの秘密をご紹介

秘密は紹介してしまうと秘密ではなくなってしまうのですが。。。(^^;)



私たち「くすり屋さん」が商品をこんなに安く提供できるのにはいくつもの理由があります!!

ぜひ他のお店と比べてみてください!

理由その1: スケールメリット (規模のメリット)

当社は9年ほど前(2008年現在)に英語サイトでオープンし、その後さらにフランス語サイト、スペイン語サイトなどを通して世界中のお客様に商品をお届けしてきました。

その間になんと30万人以上のお客様に商品をお買い上げいただいています!ですから商品を仕入れる量が他社とはちょっと違います!

一度にたくさんの商品を仕入れると言うことは、それだけ仕入れ値も安くなり、当然お客様にお届けできるお値段もお安くできると言う訳です!


理由その2: 自社流通センター

当社は自社で流通センターを持っています。

ウェブサイトだけ自前で持ち、商品の発送を他社に依頼するお店*とはかかる経費が違います。

*ドロップシッピングなどとも呼ばれるこの方法は、商品の在庫リスクを無くし、人件費や倉庫・事務所費を抑えることが出来る賢い方法ですが、商品の発送数が多くなると、当然自社で発送したほうがはるかに安くなります。


理由その3: 低流通コスト

当社は商品の発送を香港から行っています。香港は小さな街ですが、世界の金融と流通の中心地のひとつとして、名を馳せています。

中学校で習ったのを覚えておられるかもしれませんが、香港は立地条件や税制面での利点などの理由から中継貿易(輸入したものをそのまま他国に輸出する貿易の方法)の中心地として栄えてきました。

ですから世界中から物が集まり、出て行きます。
そしてそのためのシステムも非常によく整っています。

と言うことは、つまり流通経費がとても安く済む訳です。

世界中から当社に商品を届けてもらう輸送コストも低く抑えられますし、
香港から商品をお送りする郵便料金も他の国と比べお安くなっています!

理由その4: 仕入先との信頼関係

当社は商品を複数のサプライヤーから仕入れていますが、それぞれの会社と長いお付き合いをしています。

長い時間をかけて築かれた信頼関係の下に、よりお得なお値段で商品を仕入れることができています。

理由その5: 低人件費

当社の発送センターがある香港は、日本や欧米などに比べると人件費が安いと言うメリットがあります。比較的安い人件費で優秀なスタッフを集めることが出来ます!

そして、それだけ商品の値段もお安くすることができます。

理由その6: 低税率

香港は税金がとても安い為、タックスヘイブン(租税回避地)などと呼ばれている国のひとつです。

関税がかかるのは、車、ガソリン、アルコール、タバコのみですし、消費税もありません。所得税・法人税も日本に比べると、かなり低く抑えられています。

ですから当社が商品を輸入したり輸出したりする際の税金のことを気にする必要はありませんし、その他の諸経費も他の国に比べ低く抑えることができる訳です。

もちろんその削減できた経費を商品の値段に反映して、お客様に出来るだけお安く商品をお届けしています!


当社の商品が驚くほどお買い得なのは、決して「安かろう悪かろう」ではありません。

ましてや、偽物を仕入れたり、消費期限切れの商品を販売している訳では決してありません!
ネット上での医薬品販売業界でそのような話をよく聞きますが、そんな仕事をしていては、9年も(2008年現在)商売を続けてくることはできません!

当店の安さには理由があります!

スポンサーサイト



テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

くすり屋さんのお取り扱い商品 (ジェネリック医薬品とは?)

せっかくなので、わたしたちくすり屋さん(当社の日本語サイトがどんな商品を扱っているかを少しだけご紹介。


インフルエンザ薬として有名なリレンザや、タミフルなど、日本では医者の処方箋がないと買えない薬や、対面の薬局では買うのがはばかられるようなお薬、さらにジェネリック医薬品などを、お客様に安全に、お手ごろ価格で、そして、内密に(^0^;)お届けいたします。

<お手ごろ価格と安全安心の秘密はまた次の機会に。。。>

※新しい医薬品の開発には膨大な研究開発費がかかります。そのため、新薬の価格は開発研究費を含んだ高い価格になります。

でも、その特許が切れた後に他社から別名で発売される商品はその商品開発費を含まない為、全く同じ成分であるにもかかわらずはるかに安い価格で提供されています。

最近では膨大な医療費を抑える為に日本政府もこのジェネリック医薬品に注目しているようです。

またインド等では人道的な見地から国が法的に医薬品に対する特許を認めていない為、特許期間内の医薬品であってもジェネリック商品を販売することができます。
(正確には、医薬品への物質特許が認められていませんでした。2005年にインドの特許法は変わりましたが、その第3条で1995年以降「全く新しい薬にだけ」医薬品特許を認めることが記されています。その為、それ以前のもの、さらに「全く新しい」と認められない薬は引き続き販売が認められています。詳しくはこちら(Googleで検索) 中でもこの記事がわかりやすく説明しています。あるいはこちら。) 



お取扱商品例

インフルエンザ薬
(リレンザ、タミフル)
(Relenza, Tamiflu)

強力下痢止め(衛生面で不安のある国へ旅行の際に)
(ロモティル)
(Lomotil)

禁煙補助剤
(ブプロン、二コレット、ザイバン)
(Bupron, Nicorette, Zyban)

美白・しみ・シワ取り用医薬品
(レティン、レティノ、メラノーム、ユークロマ)
(Eukroma, Melanorm, Retin A, Retino A)

育毛剤
(アボダート、セビゾール、デュタス、デュプロスト、デュリズ、フィナスト、フィンカー、フィンペシア、プロスミン、ヘッドウェイ、ミントップ、ニゾラル、ニズラル、プロペシア、プロスカーなど)
(Avodart, Duprost, Durize, Dutas, Finast, Fincar, Finpecia, Fistide, Headway, Mintop, Nizoral, Nizral, Propecia, Proscar, Prosmin, Sebizole)

ダイエット薬
(オベスタット、リダクティル、スリメックス、ゼニカル、ビーファットなど)
(Obestat, Reductil, Slimex, Vyfat, Xenical)

避妊ピル
(ダイアン、ジュンヤ、マーベロン、マーシロン、マイクロジノン、トリキュラー、ジネット、ポスティノール、ヤスミンなど)
(Diane, Ginette, Janya, Marvelon, Mercilon, Microgynon, Postinor, Triquilar, Yasmin)


STD(性行為感染症薬)
(アジスラル、アジスロマイシン、ダイフルカン、フルコナゾール、フォルカンなど)
(Azithral, Azithromycin, Diflucan, Fluconazole, Forcan)

抗うつ剤(注意欠陥障害薬を含む)
(アロパックス、アクセプタ、エフェクサー、フェリス、レクサプロ、ペクセップ、プロザック、シタデップ、ストラテラ、トリマ、ベンラー、ゼット、ゾロフト、デプサートなど)
(Aropax, Axepta, Depsert, Efexor, Feliz, Lexapro, Pexep, Prozac, Citadep, Strattera, Trima, Venlor, Xet, Zoloft)


スマドラ(スマートドラッグ、記憶力・学習力向上)
(エンセファボル、ニモディップなど)
(Encephabol, Nimodip)

男性機能障害薬(勃起障害薬)
(アプカリス、アシュランス、カベルタ、シアリス、エレクタリス(タダシップ)、カマグラ、レビトラ、シラグラ、タダラフィル、タダリス、タダソフト、ベルデナフィルなど)
(Apcalis, Assurans, Caverta, Cialis, Erectalis, Kamagra, Levitra, Silagra, Tadalafil, Tadalis, Tadasoft, Vardenafi)

ホルモン剤(女性ホルモン)
(プロベラ、エストラダーム、エストロフェム、プレマリンなど)
(Provera, Estraderm, Estrofem, Premarin)

これからもお客様に喜んでいただける商品を増やしていく予定です。

(ですが、、、大変申し訳ないのですが、大人の事情により、超有名勃起障害治療薬バ・ ・・ラを取り扱う予定はございません。「そんな事言ってサイトに乗ってないだけで、連絡したら売ってくれるんでしょ?」と言われましても、当社では本当に販売しておりませんので、どうかご了承ください。。。その代わりと言っては何ですが、同成分のジェネリック医薬品(カベルタ・カマグラ・シラグラ)は販売しておりますので、よろしければそちらをどうぞ!(^^;))


※取り扱い不可商品はこちらをご覧ください。

始めまして

こんにちは。

初投稿です!
どうぞよろしくお願いいたします。
よければ、これからくすり屋さんのスタッフがお送りするブログにすこしだけお付き合いください。

当社は香港にある法人で、医薬品の輸出入ライセンスを取り、インターネットで全世界に向けて医薬品をお届けしています。

ネット上での薬局です。

1999年に設立以来、英語やスペイン語、フランス語のサイトで30万人以上のお客様に商品をお届けして来ましたが、この度やっと?日本語のサイトもオープンすることになりました!くすり屋さんは当社日本語サイトのお店の名前です。

が、まだ完成していません。。。(^_^;)

ちょっと先走って、ブログだけオープンさせちゃいました。。。

当然のことですが、違法な商品を扱ったり、違法な行為を行ったりは一切いたしません。
どんなにお願いされても、違法な商品をお取り寄せすることはできません。。。ご了承ください。

そんな事言っても、日本で認められてない医薬品を販売してたら違法じゃないか!って?
いえいえ、当社は香港で医薬品の販売、輸出入のライセンス(免許)を取得して商品を販売していますし、日本では個人が使用する為に規定量以下の商品を輸入することは合法的に認められています。

怒られるようなことはいたしません。。。

ではでは、オープンまでもう少しお待ちください。。。